京都両洋高等学校

レスリング部
全国大会を目指して、体力アップ、精神力アップをモットーに毎日練習に取り組んでいます。全員初心者からですが、練習が好きで、特にスパーリングなどは迫力があり、素晴らしい顔付きになっています。三年間鍛えた体で大学に進み、教職につき指導者になったり、警察官になったりして活躍しているOBもたくさんいます。

レスリング部

部活紹介

部員全員が、入部するまでレスリング経験がありませんが、三年生の谷利太雅キャプテンを中心に、毎日の練習に頑張っている。部員の小林大起君は、3月に行われた全国選抜レスリング大会に出場して、一回戦は宮崎県代表にテクニカルフオール勝ち、二回戦は千葉県代表に惜しくも負けましたがよく頑張ってくれました。

顧問の先生からひとこと

【監督】重松 信一【副顧問】石橋 正光
部員全員が、入部するまでレスリング経験がありませんが、三年生のキャプテンを中心に毎日の練習に頑張っています。部員はみんな仲がよく、練習を休む部員はいません。他校との合同練習、合宿などで人間関係を深め、本校卒業生が進学している大学にも練習に出向き、先輩方の指導も受けています。

[平成29年度]
JOC大会出場
近畿大会 個人2名 三位入賞
全国グレコローマンスタイル選手権大会出場
[平成28年度]
全国選抜レスリング大会出場
近畿大会出場
JOC大会出場