京都両洋高等学校

K特進コース

K特進コース

コースの特徴

少人数教育で実現する弱点補強と発展学習
国公立大学を目指す充実のカリキュラム

3つの特徴

  • 少人数編成 1クラス、15人で学ぶ!

    1クラス15人で学ぶ!少人数編成

    K特進コースは1学年に1クラスのみ。しかも15人という少人数で学ぶから、先生との距離も近く、より集中して学ぶことができます。

  • 圧倒的な学習時間 弱点克服、知識定着!

    弱点克服、知識定着!

    科目ごとの弱点を克服し、実戦力を養うため、放課後に進学講座の時間を設け、土曜日や考査前には学習会で知識の定着を図ります。夏期には3学年合同での合宿も実施します。

  • 高大接続改革対応 国公立大学合格の、その先へ!

    国公立大学合格の、その先へ!

    「基礎的な知識技能」の習得はもちろん、「新しい学力」を育成することで、高大接続改革への対応策を講じると同時に、これからの社会を生き抜くために必要な力を身につけさせます。

進路指導

生徒自身が自己の興味・適性・能力を生かして的確に進路選択

圧倒的な時間をかけて「基礎的な知識技能」を身につけさせることはもちろん、「キャリア探究」の時間に実施される「人間ドキュメンタリーワーク」では、「なりたい自分」を見つけることで「主体的に学習に取り組む態度」を培い、グループワークによる探究型学習やプレゼンテーションを通して「思考力・判断力・表現力」も育成します。あわせて「進路機廚了間には、希望進路を実現するための具体的方策について学んでいきます。

  • 進路

    科 目進 路

    勉強することの意味や理由を考える貴重な時間。まずは自分をよく知ることから始め、学問や職業への視野を広げていきます。

  • キャリア探究

    科 目キャリア探究

    大学進学のさらにその先を見据えて「なりたい自分」を探し、そのために今必要なことが何なのかを考えます。教科や科目といった枠組みを越えた主体的な学びを通して、総合的な思考力や表現力を身につけます。

人間ドキュメンタリーワーク
人間ドキュメンタリーワーク

ドキュメンタリー制作からなりたい自分を探究させる独自の学習

「キャリア探究」の時間に実施。複数の候補の中から「ロールモデル」を選び、“ひとりの人間のストーリーを描く”ということをしていきます。ドキュメンタリー制作を通じて、その人が通った道を一緒に歩いていくことで、「なりたい自分」を見つけます。