12月19日(火)、冬休みに向けての授業終了式、そしてクラブ員総会が行われました。

終了式では、まず学校長の挨拶がありました。年末年始の行事を大切にし、
生徒一人ひとりが「今やるべきこと」に自覚をもって成長してほしいという願いが伝えられました。
その後、部活動および文化活動で実績を残した生徒に、表彰が行われました。

また、チャレンジカップという全国大会に取り組む2年生から、全生徒に向けて、自分達の活動の意義と協力が呼びかけられました。
チャレンジカップとは、自分達で目標を決め、挑戦し、成長を振り返るという経験を、プレゼンテーションという形で伝える大会です。
本校では、毎年2年生全員が各グループを作って、エントリーしています。チャレンジ終了まであと約40日、全力で挑戦することを期待します。

終了式後には、クラブ員総会が行われました。
クラブ員全員が集まり、各クラブ活動の報告をするとともに、一人ひとりがクラブ活動に力を尽くして、学校を代表する模範になるという自覚を強めました。

それぞれが有意義な冬休みを過ごして、1月9日の授業開始式で会いましょう。